髪の毛の状態を整えるには毎日のヘアケアが大事

ロングだけじゃない

ブラシ

ヘアアイロンの今後の動向を予測します。 2015年に入り、以前に比べて女性のヘアースタイルは多種多様化してきています。 統計によると、ロングは35パーセント、ミディアム、ショートが65パーセントと、比較的短いヘアースタイルが中心となっています。 ヘアアイロンがロング中心での利用から、今後はミディアムなボブ等の利用へと変化することが予想されます。 ロングでは32mmが主流でしたが、ミディアムやショートで使いやすいサイズの26mmがメインとなるでしょう。 機能についても、軽やかなふわっとしたスタイルにし易いものだったり、くしゅっとしたアレンジが可能なものが流行ると考えられます。 メーカーのシェアでみると、パナソニックを筆頭に、シャープやヴィダルサスーンが後を追いかけています。 シャンプーやスタイリング剤がサロン専売品も一般的に入手しやすくなってきたことから、クレイツやサロニアも健闘してくるでしょう。

ヘアアイロンを使用する上での注意点をご紹介します。 高熱で処理を行うことから、間違った使い方をすると危険なため、以下のポイントん注意しましょう。 ・髪の毛を乾かしてからヘアアイロンを使う。 髪の毛が濡れていると、キューティクルが開いた状態のため、高熱をあてると一瞬で髪の毛が火傷をします。 痛みの原因になるため、髪の毛を乾かしてからヘアアイロンを使いましょう。 ・ヘアアイロンで髪の毛を引っ張らない。 ストレートアイロンを使った場合にやりがちです。 高熱で髪の毛をズルズルと引っ張ると痛みの原因となります。 気付かないうちに痛んでパサパサになってしまうので気を付けましょう。 ・スタイリング剤を補助的に使う。 熱から守ってくれる効果のあるスタイリング剤を使うことで、髪の痛みを軽減することが出来ます。 つけすぎるとスタイリングしにくくなるばかりではなく、ヘアアイロンを壊してしまう可能性があるので気を付けましょう。